つきあっていても辛いのに、一緒にいる時は幸せで別れるとおもうと辛すぎて別れられない・・・。

そんな風に悩んでいる恋はありませんか?

今回は、そんなやめたいのにやめられない恋愛に悩んでいる人が辛い思いをすることなくたった1ヶ月で辛い恋をやめる方法をご紹介していきます。

このタイプの代表的な恋愛は、好きな人に家庭がある不倫だったり、彼女がいる人を好きになって本気になってしまい、別れないと辛いけれども別れられない・・・という状態になってしまいます。

やめたいけどやめられない恋愛の正体は?

 

やめたいけど、やめられない恋愛これは恋愛依存です。

タバコとかアルコールとかギャンブルとか色んな依存症があり、その依存症の人々はみなやめなきゃいけないと分かっていてもやめられません。

アルコール依存症やギャンブル依存症となると生活に支障が出るので問題になりやすいのですが、恋愛依存症というのは発見されにくく、また情報も出回っていないので当事者だけが苦しい状態になってしまいやすいのです。

実は、私自身が長い間恋愛依存に苦しんで、恋愛依存症を克服し幸せな結婚をしているので恋愛依存症の苦しさはとてもよくわかります。

いきなり恋愛依存症といわれてもとても信じられないと思いますので、その他の恋愛依存症の症状をご紹介させていただきます。

 

その他の恋愛依存症の症状

その他の恋愛依存症の症状
・一緒にいる時は幸せだけどそれ以外の時間はただ辛い

・彼から連絡が来ないとイライラしていつ連絡がくるのか?気になる

・彼から会いたいといわれないとイライラしてしまう

・彼と一緒にいない間は常に彼の事ばかり考えてしまう

・彼氏がいない人は価値が低いと思う

・常に好きな人がいる

・恋愛映画や恋愛小説・恋愛漫画ばかりみている

・親が厳しかった

・10代のころは摂食障害があった

これらは恋愛依存症の人によくあてはまる症状です。

ただ、恋愛依存症は自分が恋愛依存症であり、もう苦しい状態を自分でやめたいと決意をすれば必ずやめられます。

恋愛依存症なんだと自覚できるまでが本当に長く苦しい状態なのですが、自分が一度恋愛依存症なんだと自覚して、その後正しいやめ方を知り実践すればだれでも苦しくなくやめることができます。

本当に恋愛依存症から抜け出た後の世界は見違えるように楽で幸せな世界がやってきますよ。

実際にやめられた私が恋愛依存症からの脱却方法をご紹介していきます。

不倫をやめられる最初の方法は自分を責めない

まずそのような苦しい状態にある自分を責めることはやめましょう。不倫だったり彼女がいる人とお付き合いをしている人は

こんなことをしている自分は駄目だ

と自分を責めてしまいやすいのです。まず不倫をやめるためにも自分を責めるということはやめましょう。

あなたには、そのような恋愛をしなければいけない理由があったのです。寂しかったり、ちょうど彼を別れたばかりで辛かったとか、一人でずっと仕事などを頑張ってきて頼れる人が必要だったケースもあります。

また中にはずっとお母さんやお父さんの期待する優等生を演じてきてそれを続けるためにバランスをとるために裏で悪いことをしてバランスをとっているという人もいます。

このように、不倫やセカンドの恋が必要な理由は人それぞれなのですが、まずはそんな自分を責めずに

しょうがなかったんだよね

とうけとめてあげるようにしてください。

不倫を楽にやめるには自己肯定感をあげる

自己肯定感という言葉は聞いたことあるのでしょうか?

これは、

ありのままのじぶんでいい

自分はそのままで価値がある

という自分を肯定する力です。

実は不倫をしている人というのはほぼ100%といっても過言ではない位自己肯定感が低い状態になっています。

自己肯定感が低い人が100%不倫をするわけではありませんが、不倫をする人は自己肯定感がとても低いので、不倫の恋によって自分では補えない肯定感を補う必要がでてきます。

例えば独身女性で既婚男性とお付き合いをしている人は、奥さんがいても私を必要としてくれる彼に、通常の独身同士のお付き合いよりも自己肯定感が低い分高揚感が高くなってしまいます。

また自己肯定感が低い人は、もっと頑張らないとありのままの自分ではダメだと思っているので、頑張り屋さんでもあるのですが、仕事でももっと他の人から褒められようとして常に頑張っている人が多いのですが、自分が自己肯定感が低いといわれてもこれまたピンと来ない人も多いと思うので、自己肯定感が低い人の特徴をご紹介します

自己肯定感が低い人の特徴
・彼氏ができると尽くしすぎてしまう

・どうでもいい人には好かれて本当に好きな人には好かれない

・失敗すると頭が真っ白になったり、消えていなくなりたくなる

・疲れて消えていなくなりたいと思うことがよくある

・お母さんもしくはお父さんのいう事は絶対に聞かなくてはいけない

・周りにはいい人がいないと思う

・周りからダメだしや指摘をうけるとショックをうけてしまう

・都合のいい女になってしまうことがある

・浮気をされたり、したことがある

・ダメンズとお付き合いをしてしまう

・頼られると断れない

などが分かりやすい例になります。

つまり、自己肯定感が低いから不倫ややめたいのにやめられない恋にハマってしまうのであって、自己肯定感を高くすれば自然と、やめたいのにやめられない恋にハマってしまうこともありません。

というのも自己肯定感が低いからこそ

こんな私・・・

と自分で思ってしまい、

こんな私は大切にされないくらいでちょうどいい

こんな私は幸せになれない位でちょうどいい

と自分で自分が幸せになれない恋愛を選んでしまいやすいですし、彼と別れてしまったらもうこんな風に自分を愛してくれる人はいないかもしれないと思うと依存状態になってしまいます。

逆に自己肯定感をあげると、こんな大切な自分を傷つけるような男なんてお断りというように辛くなくお別れすることができるようになります。

自分が本当に望む幸せを手にしたいと思ったら、まずは自己肯定感を徹底的にあげてみましょう。恋愛依存ではない状態で改めて彼との関係をみてみると本当に彼の事が好きなのか?

ただの依存だったのか?知ることができると思います。

自己肯定感をあげる方法

自己肯定感をあげるには、

大切な私をお風呂に入れてあげよう

大切な私のために歯を磨いてあげよう

といったように、毎日当たり前にやっている事を大切な私の為にやってあげようと決めて実行をしてあげてください。

そうやって毎日自分を大切にしてあげてください

また心がトキメクご褒美リストをつくるのもおすすめです。

すぐにできることや、週1回できること、月1回くらいでできることなどトキメキリストをつくって、自分がちょっと落ち込んだ時や疲れた時や上手くいかなくて悲しい気持ちになった時は、自分を喜ばせてあげることをリスト化してみましょう。

そして、自分にわくわくするようなご褒美をあげる習慣をつけましょう。特に、不倫疲れをしている人というのは、お友達と一緒の時はいいご飯をたべることができるけど、自分一人の時はコンビニのごはんというように、自分を大事にしてあげてください。

自分の事を普段から大切にしていれば、自然と自分の事を傷つける恋愛が必要なくなりますよ。

おすすめの記事