既婚男性で不倫をする人というのは、2つのパターンがあります。

1つのパターンは不倫をしたことがなく初めての不倫にハマってしまうというタイプです。これは、本当に不倫自体初めての場合もありますし、過去に1度か2度不倫をしたことがあっても、ここまで相性が良い人と初めてお付き合いしたと男性が感じている場合もあります。

もう1つのパターンは不倫常習犯タイプです。

過去に不倫を繰り返していて、だいたい2年くらいたったころだったり、相手の女性が『結婚』を催促してきた頃にだんだんと冷たくなっていってフェードアウトするというタイプです

それぞれのパターンによって、特別な女性だと思っている時の行動をご紹介しましょう。

どちらのパターンでも特別な女性だと思っている時の見分ける時に大切なこと

 

不倫する男性に関しては特にですが、

『言葉ではなく行動をみる』

これが基本です

不倫をする男性というのは、口では『こんなに理想の人と出会ったことない』といいながらも、3ヶ月たつとでデートを平気で直前でキャンセルしたり、連絡の返事をかえさなかったりということがあります。

これには理由があって、不倫を何回かしている男性というのは、女性が『ロマンティックな言葉に弱い』事を知っているからただ相手に好きになってもらうためにロマンティックな言葉をつかっているだけにすぎません。

甘くロマンチックな言葉を言えば、女性が自分に惚れてくれる可能性が高いと分かっているから、言葉では甘い事をいう人が多いので、既婚男性の本音は、言葉を鵜呑みにするのではなく行動をみるようにしましょう。

そして、これは基本的なことですが、どんなに女性に対してロマンティックな言葉をいったとしても、全ての既婚男性が最初から離婚を考えて不倫をするわけではありません。不倫をする既婚男性を本気にさせるテクニックもご紹介していますので、合わせて読んでみて下さい。

愛人の方が特別な女性になっている初めての不倫にハマっている既婚男性の行動

このタイプの男性はとても分かりやすいのではないでしょうか?

特にお付き合いして半年間というのは、彼にとっては久々のロマンス期であり、誰が見ても今までと違うという状態になっていると思います。そんな既婚男性が愛人を妻よりも特別な女性だと思っている時の行動をご紹介していきましょう

愛人と休日や旅行に出かけたり遠出をする

既婚男性は最初から離婚を考えて不倫をすることはありませんし、基本的には妻にバレずに結婚生活をつづけたまま不倫を楽しみたい男性が圧倒的に多いのです。

けれども、妻よりも愛人の方が特別な女性になってきた時というのは、

【妻にバレるかもしれない】

という気持ちよりも、

【愛人と一緒に旅行に行きたい】

こっちの気持ちの方が強くなります。

また、旅行に限らず休日も愛人と会いたいと思うようになったり、平日も愛人の家に泊まるようになるなど、一緒に過ごす時間が妻よりも愛人の方が増えてきた時というのは、妻よりも愛人の方が特別な女性になりつつあるサインといえるでしょう。

一緒に旅行に行ったときは、せっかく二人で過ごせる時間ですから、少し嫌だなと感じる事があっても、とにかく二人で一緒に出掛けられることが嬉しいということをお相手に伝えてあげると、もっとあなたにハマっていきます。

逆に一緒に旅行に行った時に、あなたが何かわかってほしいという理由があったとしても、不機嫌になっていると、彼の心は離れて行ってしまいます。

悩み事を相談するようになる

不倫にあまり慣れていないタイプの男性にとって、愛人に対してあまり弱いところをみせたくないという気持ちが強いので悩み事を相談することはありません。

その男性が、愛人である貴女に対して悩み事を相談するようになった時というのは、愛人の女性が特別な女性になってきたサインです。

それは、奥さんよりも心を開いてきている時に出る行動です。

奥さんに相談できないから、愛人のあなたに悩み事を相談しているというサインになります。この時に相手の目をみて、しっかりと話をきいて、徹底的に彼の心に寄り添ってあげると彼はもっとあなたにハマっていくでしょう。

自宅に帰らなくなる

これも最初の旅行にいったという時と全く同じです。

【妻にバレるかもしれない】

という気持ちよりも、

【愛人と一緒にいたい】

この気持ちが強くなっているので、奥さんよりもあなたの事を特別な女性と思っている時に出る行動といえるでしょう。

妻より愛人の方が特別な女性だと思っている時の不倫常習犯タイプの既婚男性の行動

 

不倫常習犯タイプの男性というのは、なかなか妻より愛人を特別な女性だと思う事がありません。

誰と結婚しても結局は一緒だと思っているけれども、家庭の中で満たされないものがあるので常に愛人を作り、その満たされないものをうめようとしています。

それでも妻より愛人の方が特別だと思う事があります。

その時の行動をご紹介していきましょう。

愛人と一緒に暮らしだす

不倫常習犯タイプの男性が本気になった時というのは、それこそ素早い行動をとり、まず愛人と一緒に暮らしだす傾向がみられます。

ほとんど家庭のことはどうでもよく、それよりも愛人と一緒にいたいという気持ちが強いので、すぐに家庭を放棄して愛人と一緒に暮らしだします。

離婚届を出す

不倫常習犯で色んな女性と付き合ってきたからこそ、この人だけは他の人と違う、特別な女性だと思った時の行動は本当に素早く、さっさと離婚届を出します。

妻より愛人の方が特別な女性だと思っている時の既婚男性の行動まとめ

いかがだったでしょうか?不倫常習犯タイプの男性は、滅多に妻よりも愛人の方が特別と思う事はありませんが、そう思った時の行動はとにかく早く、あまり不倫に慣れていないタイプの男性が妻よりも愛人の方が特別だと思っている時というのは、悩みながら進んでいくというケースがよくみられます。

おすすめの記事