花買い開運法について

東洋の占いである九星気学という占いを用いた開運法「花買い開運法」をご存じでしょうか?

九星気学を使って出された開運日になる日と時間の間に指定された方角の花を買って自宅や会社に飾るという開運法です。

花を買って飾るだけで誰でも手軽にできる開運法として人気の開運法です。

正式名称は福星用法(ふくせいようほう)」と言われる方法で、故望月治先生が考えた方法です。この先生は鴨書店という占い専門書店の2代目のオーナーでした。

高校時代から鴨書店に通い運命学の書籍を40冊も50冊も読んだといわれている方です。さらに、易をもっと詳しく勉強するために大学では漢文を専攻していたそうです。

それほどまでに、易学をきわめてあみだされたのが、この花買い開運法になります。

自宅や会社など花を飾る場所からみてその月の決められた日にちと時間内に決められた方位で花を買ってきて飾り終えることがポイントです。

※時間内に花を買う行為と花を飾る行為を終わらせます。

なぜこれが開運につながるのか?というと、良い『気』を自ら持ってきて自分の運気をアップさせることができるのです。その良い気を取り入れる為に、時間と方角は厳守になります。

2022年1月の花買い開運法の日時と方角

九星気学を学ばれている先生方は色んな方がWEB等を通じて花買い開運法に最適な日を発表されています。

けれども、いろいろ試してみて、一番効果があったと私自身が体感したのが、東洋占術をかなり詳しく研究されていて『玄学』としておられる

占い師業界ではとても著名な大石眞行先生の発表されている日時と方角です。

こちらのYOUTUBEチャンネルにて毎月発表されています。

下記が大石眞行先生がYOUTUBEにて発表された2021年12月の花買い開運法の日時と方角です。

日付 時間 方位
2021年1月16日(日) 9時30分~10時30分 東北
2021年1月25日(火) 9時30分~10時30分 東北

2日全て花を買ってもよいです。全ての日で効果があります。もちろん1日だけでも効果があります。

ただ、毎回効果が微妙に違います。

下記YOUTUBEにて発表されているので、是非みてみてください。


もし他の先生の発表されているお日にちで効果を感じられなかったという方は、大石眞行先生が発表しておられる日程でも試してみてください。

大石眞行先生は、特に効果が良い日を厳選して発表していられるとのことですので、効果が感じられるかもしれません。

花買い開運法の時間と方位について

この時間内に指定の方角で花を購入して飾り終えるということが開運の為には厳守です。

九星気学を用いていますので、時間がズレてしまうと運気アップの効果がないどころか時には運気ダウンの災難に見舞われることもあります。

時間と方位は必ず守りましょう。

飾る場所からあまり遠い場所で花を購入してしまうと、方角があっていても時間内にかざることができなくなってしまいます。

例えば1月の東北の場合は自宅を中心に斜線の範囲で花を購入します。花を購入するのが斜線の範囲であればいいので、たとえばどこかいった帰りに斜線の範囲で花を購入することは効果に問題ないと言われています。距離に関して指定はないので、時間内に飾り終える場所で購入しましょう。

自分の自宅から、どの方位なのか?よくわからないという人は下記で確認すると便利ですよ。

あちこち方位

自宅を検索して、画面中央を自宅に設定し、方位線をつけるとどこが方位なのか?わかります。

花買い開運法の花について

花買い開運法はどのような花を買えばよいのか?というと

  • 鉢植え× 
  • ドライフラワー×
  • ブリザードフラワー×

です。必ず生花で花瓶に飾る切り花を買ってくるようにしましょう。

花がひらくというのは開運の開でもあるので、つぼみが沢山ついている花が良いと言われています。色は白で匂いが強いものが良いと言われています。

香りが強いものほど効果が強く、逆に無臭の花はあまり効果がないといわれていますし、私自身実際に無臭の花と香りの強い花を試した結果、香りの強い花の時に効果がはっきりとわかりました。

ただ花は自分自身を表し、自分のパワーが停滞しているとつぼみのまま咲かずに枯れてしまうこともあります。

私も、頑張っても成果がでずに苦しんでいる時というのは、本当にたくさんついていた花が全部咲かずに枯れました・・・。

つぼみが咲かないまま終わってしまうことを避けるために、もう少しで咲きそうなつぼみを買ってくるのがおすすめです。

花屋によっては買うだけで長持ちをする液をサービスしてくれるところもありますが、切り花を長持ちさせる液をいれるのといれないのでは本当に持ちが違うのでおすすめです。

その為、クチナシや百合やカサブランカなどの花が多いのですが、自分合う花に関しては個人差もあるようなので、自分はどの花が一番合うのか?色々買ってみるのがおススメです。

この花を買ったときは、こんなことがあったなど、ノートやアプリなどにつけてみてください。

花買い開運法にぴったりの香りの強い花

香りの強い花というのは、春の花が多いので12月上旬をすぎると、香りの強い花がいろいろと出てきます。

中には、チューリップでも香りの強い種類があります。

チューリップでも香りが強い品種はバレリーナです。オレンジ色でユリ咲きのチューリップなのですが、花屋さんによっては12月上旬から入荷をするところもあるそうです。

分からない場合は、花屋さんで『香りの強い花ください』というと選んでくれます。

いつまで花買い開運法の花は飾るのか?

買ってきた花は枯れるまで飾って大丈夫です。枯れた花は捨ててしまっても問題ありません。

同じ月に何回花買い開運法を行っても大丈夫なのか?

花買い開運法は何回買っても副作用などはありません。自分のタイミングが合う時に行ってみてください。

花を飾る場所はどこがいいのか?

花を飾る場所は、買ってきた場所と対面の場所が良いと言われています。

例えば、西で買ってきた花は家の中心からみて東に飾るとよいといわれていますがちょうどいいところにかざれなければ玄関に飾りましょう。

私は毎回玄関に飾っていますが、ちゃんと効果がでています。

花買い開運法の体験談

最初に私がやった体験談をお話します。

花買い開運法に関してですが、

会社の玄関に飾る場合と自宅の玄関に飾る場合を試してみました。

休日が開運日であれば、自宅に飾り出勤日であれば会社に飾るようにしました。

この花買い開運法は飾った場所にいる他の人にも効果がありました。

例えば、自宅の玄関に飾った場合は私だけでなく

●いつも100円しか当たらない家族が、15,000円宝くじが当たった。

●家族が欲しかったけど高くて諦めた商品が40%OFFになり買えた

というように家族にも効果がありました。

私個人としては、

●宝くじが当たった(1,000円)

●タクシーのクーポン券もらえた

●欲しかった商品が30%OFFで買えた

です。

できる日は続けてやっているので、また効果があったら随時報告させていただきますのね。

実際に花買い開運法を実際やった他の人にも聞いてみました。

宝くじが当たりました

宝くじが当たりました。10,000円当選しました。初めて1,000円以上の金額が当たりました。その時はユリの花を買いました
42歳主婦

仕事が入りました

フリーランスで仕事が不安定なのですが、花買い開運法を行った直後に仕事が決まりました。買った花はユーストマでした
フリーランス32歳

ロト6初めて当たりました

ロト6がいままで当たったことがなかったのですが、初めて当たりました。花を買ってから3日後に買ったロト6が当たりました
OL28歳

ここでお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、

金運に財運にプラスに働きやすいと言われているのが花買い開運法です。

これは、『地』の良い気を取り入れて自分をコントロールするから、自分の生活の基盤である金運や経済運に影響があることが原因です。

いまのところ私の周りでは、

宝くじがいつもより当たったというのが比較的多いように、臨時収入系が多いです。

ただこれらの効果は個人差があります。

花買い開運法まとめ

時間と行きやすい方位に花屋さんがあると手軽にできる開運法です。ちょっと金運に景気づけをしたい方はこちらの花買い開運法を取り入れてみてください。

花買い開運法は合う人にはすごく合うようで、臨時収入でやってくる金額も人によって違うという特徴があります。

是非試してみて、買うお花もいろいろと買ってみてください。

おすすめの記事