花買い開運法について

九星気学を用いた開運法「花買い開運法」をご存じでしょうか?

九星気学で出された

開運日になる日と時間の間に花を買って自宅や会社に飾るという開運法です。

誰でも手軽にできる開運法として人気の開運法です。

正式名称は福星用法(ふくせいようほう)」と言われる方法で、故望月治先生が考えた方法で、

自宅や会社など花を飾る場所からみてその月の決められた日にちと時間内に決められた方位で花を買ってきて飾り終えるだけで開運できる方法です。

※時間内に花を買う行為と花を飾る行為を終わらせます。

実はこれは、ものすごい効果が強く臨時収入があったり、仕事の発注があったりと現実的な利益がもたされて実際にやった人からの「宝くじ当選報告」などが相次いでいる開運法になります。

2021年10月の花買い開運法の日時と方角

2021年10月の花買い開運法の日時と方角です。

日付 時間 方位
2021年10月24日(日) 11時30分~12時30分 東北

一番効果が高いと言われている時間と方位は大石眞行先生の出し方です。下記YOUTUBEで毎月発表されていますので参考にしてみてください

花買い開運法の時間と方位について

この時間内に指定の方角で花を購入して飾り終えるということが大切です。

九星気学を用いていますので、時間がズレてしまうと運気アップの効果がないどころか時には運気ダウンの災難に見舞われることもあります。

時間と方位は必ず守りましょう。

例えば10月24日の東北の場合は自宅を中心に斜線の範囲で花を購入します。花を購入するのが斜線の範囲であればいいので、たとえばどこかいった帰りに斜線の範囲で花を購入することは効果に問題ないと言われています。距離に関して指定はないので、時間内に飾り終える場所で購入しましょう。

花買い開運法の花について

  • 鉢植え× 
  • ドライフラワー×
  • ブリザードフラワー×

です。必ず生花で花瓶に飾る切り花を買ってくるようにしましょう。

花がひらくというのは開運の開でもあるので、つぼみが沢山ついている花が良いと言われています。色は白で匂いが強いものが良いと言われています。

ただ花は自分自身を表し、自分のパワーが停滞しているとつぼみのまま咲かずに枯れてしまうこともあります。

つぼみが咲かないまま終わってしまうことを避けるために、もう少しで咲きそうなつぼみを買ってくるのがおすすめです。

その為、クチナシや百合やカサブランカなどの花が多いのですが個人差もあるようなので、自分はどの花が一番合うのか?色々買ってみるのがおススメです。

いつまで花買い開運法の花は飾るのか?

買ってきた花は枯れるまで飾って大丈夫です。

同じ月に何回花買い開運法を行っても大丈夫なのか?

花買い開運法は何回買っても副作用などはありません。自分のタイミングが合う時に行ってみてください。

花を飾る場所はどこがいいのか?

花を飾る場所は、買ってきた場所と対面の場所が良いと言われています。

例えば、西で買ってきた花は家の中心からみて東に飾るとよいといわれていますがちょうどいいところにかざれなければ玄関に飾りましょう。

花買い開運法の体験談

実際に花買い開運法を実際やってみると、どのような効果があるのでしょうか?実際やってみた人にどのようなことが起こったのか?聞いてみました。

宝くじが当たりました

宝くじが当たりました。10,000円当選しました。初めて1,000円以上の金額が当たりました。その時はユリの花を買いました
42歳主婦

仕事が入りました

フリーランスで仕事が不安定なのですが、花買い開運法を行った直後に仕事が決まりました。買った花はユーストマでした
フリーランス32歳

ロト6初めて当たりました

ロト6がいままで当たったことがなかったのですが、初めて当たりました。花を買ってから3日後に買ったロト6が当たりました
OL28歳

花買い開運法まとめ

時間と行きやすい方位に花屋さんがあると手軽にできる開運法です。なんだか調子がいまいちというときはこちらの花買い開運法を取り入れてみてください。

花買い開運法は合う人にはすごく合うようで、臨時収入でやってくる金額も人によって違うという特徴があります。

是非試してみて、買うお花もいろいろと買ってみてください。

おすすめの記事